新しい住まいでの暑さ対策

新しく家を購入しよう、注文住宅を建てようと検討されている方いらっしゃると思います。今の住まいから新しく建てる家に変わる際に重要視するポイントは人により違いますが、風通しが良いにこしたことはありません。住まいの風通しが良いと暑さ対策に役立つだけでなく、換気が十分できたり、室内の湿気を逃がす事も出来ます。また、暑さ対策を重視される方は屋根材を何にするかにより変わってきます。カラーベストや板金屋根は屋根材と屋根板に隙間がない為、屋根の熱は直に屋根裏に伝わりますが、瓦屋根にすると空気の層が屋根板と瓦の間に出来るためかなり違ってきます。いろいろな対策で住みやすいマイホームにしたいものです。

暑さ対策には風通しの良い住まい

住まいの暑さ対策をするためには、あらかじめ風通しを考えて設計するべきです。風通しが良ければ、多少の日差しがある日であっても暑さが和らぎますし、エアコンをつけるほどではない暑さにも十分対応できます。そして、後からこれらの点について改善することは難しいため、初めに設計する段階で住まいの構造を最適なものにしておくべきです。例えば、換気口からの風の流れがスムーズになるような間取りにすると、自然な風を家の中でも感じることができるようになります。そして、業者はそれらのノウハウは持ち合わせているので、リクエストするようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住まいで省エネを目指す All rights reserved